スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンズとその作例

先日から新たな趣味となったカメラについて書いていますが、今回はこれまで買った3種類のレンズを使って僕が撮影した作例の違いを比べてみたいと思います。

まず購入したのがこのカメラ。
普通は広角から望遠までこなせるキットレンズが1万円アップぐらいで付いてくるものですが(K5Ⅱsのキットレンズは結構良い)、キットレンズってのは広角側も望遠側も少し中途半端な性能なのでいずれ使わなくなるのが目に見えている。
どうせマジで始める趣味ということでレンズにはこだわることが予想されたので、レンズの付いていないボディだけを買いました。
つまり、思い入れのあるレンズだけを別途買い足していく、ということにしたわけです。

このペンタックスK5Ⅱsというのはローパスフィルターレス機で(その意味の詳細はぐぐってください)、普通のカメラよりもローパスフィルターという機能が無いことで高精細に写るのです。ただし、その機能と引き換えに、モアレという副作用が出るようで、どちらを選ぶのよ、という機種になります。
ペンタックス機の魅力は防塵防滴機構になっており過酷な環境下でも使用できるということと、画造りが他社にはない特徴のある写真に仕上がる、ということだと思います。
今となってはK3という最新機種の登場で型遅れになった機種ですが、その分だけこの高機能な機種が割安で買えるようになっています。この機種の機能ならば、個人的には猛烈に充分だと思ってます。例えばセンサーですが、これ以上高精細になってもメモリを食うだけで、余程大判で印刷しない限り、ディスプレイやプリンターでの違いは確認できないからです。その他レビューは上記のリンクのレビューなどを参考にしてください。
ちなみにローパスフィルターレス機とはいえ、モアレが出たことはないですね。出ていたのかもしれないけど、全く気付かないレベルです。安心してローパスフィルターレス機を求めてください。


写真道というのはレンズ道と言っても過言ではなく、ボディにこだわるよりもレンズにこだわれ、と言われます。
さて、レンズの違いによって、写真の出来はどのように変わるのか。それを今回確認してみたいと思います。
まずはこの単焦点レンズ。ペンタックスDA35㎜。

単焦点レンズというのは、ズームのできない画角の固定されたレンズです。これからカメラを本格的に始めようと思う人にとっては「ズーム無いって不便そう・・・」と思うでしょうが、その画角に特化したレンズなので、隅々までかっちり撮れるのです。ズームは便利な「足ズーム」というものを各自持っているので、大きく撮りたければ近くまで寄りましょう。
もう一つの特徴としてはf値が小さな明るいレンズが多いので、背景をきれいにぼかした写真が簡単に撮れるのです。例えばこんな感じ。
IMGP0583.jpg

IMGP0092.jpg

IMGP0693.jpg

IMGP0691.jpg

IMGP0572.jpg

IMGP05751.jpg

IMGP0087.jpg

IMGP0433.jpg

IMGP0450.jpg

IMGP0448.jpg

IMGP9990.jpg

IMGP0078.jpg
もしも僕のように、基本的、だけれども素晴らしいレンズから入りたい、という人は、まずはこのような単焦点レンズから入ってはどうでしょう?画角は35㎜辺りが使いやすいと思います。
本当は人物のポートレート写真も素晴らしい仕上がりになるので是非ここで紹介したかったのだけど、色々問題あるので割愛です。
また、このDA35㎜というレンズはとにかく安い!1万円台って単焦点レンズはあまりありませんぜ。その割に性能は高級レンズとほとんど遜色なし(と思う・・・・)。何せ、このお値段でレンズの明るさはf2.4!
(ただし、やや安っぽい造りなんだけどね・・・・)
特にペンタックス派の人は、このレンズはまず買い!ですぜ。


次に、
「いくらなんでも望遠無いと、なあ・・・・」
と思ってる諸兄。こんなレンズどうですか?

このレンズは300㎜までの対応なので、フルサイズ換算だとなんと450㎜という超!望遠。1キロ離れた人の顔も(撮画を拡大して行けば)確認できるぐらいです。ただし、このレンズは望遠に特化したレンズなので、広角側でも55㎜。普段のスナップではアップに写り過ぎて使いにくいので、これ1本だけで何とかしてやろう、というのはちと無謀です。
このレンズの特徴としてはHDコーティングされているので逆光に強いとのこと。
この望遠レンズを望遠として効果的に使うとこんな感じかなあ、と思ってます。
IMGP0642.jpg

IMGP0641.jpg

IMGP0634.jpg

IMGP0632.jpg

IMGP0141 - コピー

IMGP04261.jpg

IMGP0099.jpg
こういった望遠レンズ、f値がf2.8のように明るくてやたら高いレンズもあるけれど、このレンズのようにf4.0程度ならばとりあえず充分のはずです。
F2.8とf4.0とでは絞りでいえばたったの1段階しか違わない。その割にレンズの値段は倍以上違ったりするので、そんなお金があれば、以下のような超広角レンズを買う方が良いのかもしれませんよ。
(注釈: 上の技術的な記述で何を言っているかというと、f値が小さくて明るいレンズ、ということは、シャッタースピードを速くできるということで、よりブレのないかっちりした写真が撮れることにもつながる、ということです)
ま、そんなことを言っている僕だけど、結構モノにはこだわる人なので、しばらくするとf2.8通しの望遠レンズなんつーのを買って、「やっぱ、こりゃスゲー!!」とか何とか言ってるかもしれませんけどね(笑)。



さてさて、次にご紹介するこのシグマという社外品の超広角レンズ。なんと、8-16㎜という最高レベルの広角度合いのレンズですわ。
これまでペンタックスのQ10というミラーレス機でそれなりに満足して写真を楽しんでいましたが、結局悩みに悩んでこのような本格的一眼レフカメラを買うことになったのは、このレンズを買いたかったからに他なりません。

上記二つのレンズのように基本的、かつ素晴らしい特性のレンズを手に入れたら、次はこういった反対の性能に特化したレンズを持っておくのも良いと思いますね。
このような広角レンズの特徴として、パンフォーカス(手前から奥までの全てに焦点が合う)となり、写真に物語性が出てくる、ということにも着目して写真を眺めてください。
IMGP0709.jpg

IMGP0591.jpg

IMGP0711.jpg

IMGP0607.jpg

IMGP0588.jpg

IMGP0439.jpg

IMGP0300.jpg

IMGP0241 - コピー

IMGP0001.jpg

IMGP0003.jpg
今回は載せませんが、このレンズを使って集合写真なんて撮ると、結構みんなに驚いてもらえます。

まずは、こんな感じで。
また暇が出来たら写真やカメラに付いて記事をアップしますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒野修資

Author:黒野修資
黒野修資です。
ファミリーファイナンス リテラシーを向上させ、定年までに最低5000万円は貯めていきましょう!
出版に関するブログをはじめ、様々なエッセイを掲載しています。
ツイッター
→http://twitter.com
/kurono_shushi


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
検索フォーム
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
a:link { color : #f00; /*