スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田美術館に行ってきたよ!

お久しぶりです。
もはやブログをやめてしまったのか、というほどご無沙汰ですが、少しずつ回復していきます。
仙台から横浜へ帰ってきて、家族の時間を持ち、一緒にまた暮らし始めることにお互い慣れる、ということに集中していたためでした。


さて、この週末は箱根に行っていました。
箱根神社に行き、小田原の勝寿司へ行き、一夜城ファームに行ったりして一日目を過ごし、二日目は結構強い雨。雨の箱根などつまらなくて何をやろう、と思っていた所、宿に置いてあった「岡田美術館」とやらのパンフレットが目に入った。
「岡田美術館?」
聞いたこともない個人美術館だったが、パラパラとページをめくってみると物凄い収集レベル。
ここに行ってみよう、ということになり、なんの予備知識もなく小涌園の隣にあるというその美術館にまで行ってきました。

個人美術館と言うことでこじんまりしたものを想像していたんだけど、着いてみるとたまげた。
想像を絶する巨大&豪華な美術館・・・・
これ、個人が建てたものなんだよね?
⇒ 岡田美術館


さて、入場料を支払う段になって初めて値段を知ったんだけど、なんと2800円!
こんなに高い美術館なんて知らないぞ。
セコビッチの妻は
「もういいわよ。高すぎるから帰ろうよ。」
などと言い出す始末。
しかしせっかく来たことだし、この豪華な美術館にどんなものがあるか知りたかったので、妻を説き伏せ入場。
ここは、空港も真っ青の金属探知機を使ったセキュリティチェックからはじまり、まずはそこからビビる。

そして重厚な扉が静かに開いて暗い館内に入るのだが・・・・・

!!!!!!

僕は美術館が好きで、結構色々なところに行っている方かと思うけど、ここはすごかった。

これまで行ったことのある美術館の中でダントツに感動した。
詳細は別に書かないけど、2800円の入場料はすごく安い、としか言いようがない。

本当に感動&楽しい美術館でした。

芸術に興味がある人にはおすすめできます。

ところで、この岡田和生と言う人、一体どんな人なんだ?と調べたところ。
ははあ・・・なるほど。
パチンコで散財してくれている人たちに感謝でした(笑)

(ふと思ったんだけど、岡田さんって顧客還元のつもりでこの美術館を作ったのかもしれないけど、パチンコやる人って絶対2800円も使って美術館にはいかないんじゃないかな・・・・・・)


(追記)
以前も書いたかも、だけど、美術館の楽しみ方は
「この中の一つがもらえるとして、どれを貰うか?」
と考えながらそれぞれの美術品を眺めるのです。

僕は・・・これでした。
okada.jpg

皆さんだったら、というのをおきかせくださいな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒野修資

Author:黒野修資
黒野修資です。
ファミリーファイナンス リテラシーを向上させ、定年までに最低5000万円は貯めていきましょう!
出版に関するブログをはじめ、様々なエッセイを掲載しています。
ツイッター
→http://twitter.com
/kurono_shushi


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
検索フォーム
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
a:link { color : #f00; /*