スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリ風モダンに改装

単身赴任が終わって家族と暮らすようになった諸兄、いかがお過ごしでしょうか?
さぞや家が狭くなったと家族から文句を言われて虐げられていることと思います。
僕もそうなっている、というか、そうならないように先手を打って妻に気に入られるような部屋の大改造を自分の小遣いを使ってやってきました。

え?やっと単身赴任が開けて家族と暮らせるようになったのにそこまで気を使わなきゃいけないのか?って?
それは単身赴任を経験したことの無い人の妄言です。

女性二人で暮らしていたマンションにおっさんが一人増えるのです。気持ちは歓迎していても、絶対うざいと思われるに決まっています。
実際、周りの女性の証言多数w。

そこで、それから目をそらせる大改築を思い立ったのです。
とはいえ、実は改造の費用はそれほどかかってない。改造のメインは照明の変更とキャビネットの買い足し程度なのだ。
改造する部屋のテーマは、妻が大好きなバリ島をイメージして、ズバリ 「バリ風モダン」。

照明は間接照明をふんだんに使った。しかし、普通に間接照明を増やすとシブチンの妻に「電気代がもったいない」と消して回られるに決まっているので、全LED化を決行。
LEDにすると何がすごいって、電球ひとつ4W程度だったりするので、1日中点けっぱなしにしても電気代は1円程度なのだ。
これならば妻からも文句は出ない。
く~!!頭良いぞ → オレ!

そんなこんなで、完成した部屋がこんな感じです。
IMGP6859.jpg

IMGP6860.jpg

IMGP6850.jpg

IMGP6858.jpg

バリ島で買ってきたアロマを焚いて、バリヒーリング音楽をかけると、妻のヨガスタジオに変身。

また、この部屋でエラ・フィッツジェラルドやビリー・ホリディなんかをかけるとどこかのバーみたい。
最近この部屋で飲むお酒の量が増えて困ったものなのだ。バカラにスコッチを入れたりして・・・・

横浜に引っ越してからブログ更新をサボり、こういうことばかりやってました。

ところで、僕が仙台で暮らしていて持って帰ってきて一部屋を占拠していた大量の荷物が見事に整理されているでしょ?
これが結構大変でした。
てな感じで、妻の機嫌は今のところそれほど悪くないです。良かった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒野修資

Author:黒野修資
黒野修資です。
ファミリーファイナンス リテラシーを向上させ、定年までに最低5000万円は貯めていきましょう!
出版に関するブログをはじめ、様々なエッセイを掲載しています。
ツイッター
→http://twitter.com
/kurono_shushi


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
検索フォーム
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
a:link { color : #f00; /*