スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今頃ブラウン管から薄型テレビに買い替えたって、どうよ?

僕の本の内容の通り、出費というものを全くせずに家計タンクの上からあふれ出てくるお金で贅沢をする、ということを実践してきたのですが、本日ついにというかやっと我が家族の中で一番優先順位が低かったテレビを買いました。

家族全員で、テレビのバカバカしさと騒々しさにうんざりしており、食事の時間にテレビを付けることはほぼ絶無です(これ、人に言うと意外に驚かれる。みなさん、食事しながらテレビ観てるんですね・・・)。しかし、そろそろアナログのブラウン管テレビはいくらなんでもありえんということで、買うならば良いものをという気持ちにやっとこさなったということです。

買ったのは、AQUOSのクアトロン 60型 Lタイプという機種です。
RIMG1166.jpg

これは省エネタイプ4倍速でコントラスト比700万倍、3Dテレビで、そして3原色ではなく黄色の入った4原色なのですごく画質がきれいというのが決めてでした。いや、一番の決め手は8スピーカーで薄型テレビの中では音質がかなり良いというところだったか、と。
また、ネットへの接続もスムーズで、you tubeも大画面でバッチリ観れます。

これほどのテレビが3D映画ソフト3本付きで24万円。2年前では考えられないですね。
(色々探しまくればもっと安いところもあったかも、だけど、面倒なのでそれなりの買い物です)
何年も待った甲斐があったというものですわ~。友人たちから散々テレビの自慢をされてもほとんど見て見ぬ振りをしてましたからねえ。

そして録画機はBDーHDD(1TB)が6万円ほど。安いですねえ・・・・・

しかし唯一問題が。
お店ではそれほど感じなかった60型の大きさが、部屋に納入されてみると、
でかい! でかすぎる!!!
写真ではわかりにくいかも、だけど、実際には壁一面が液晶パネルという実感っす。

始めは慣れなくて頭がくらくらしたけれど、3Dで海の生物を見ていると本当に海の中にいるような気分になって最高。3Dを鼻で笑う妻を押し切って、3Dにして良かった。 やはり3Dを一応買っておくべきですよ、奥さん!

しかしやっぱりあれですね。
これまでどれだけ人から笑われてもずっとブラウン管を保持して、やっと今テレビを買い換えたことに感無量の一日でした。

うーん・・・・
しかし、こんなこと書くと、あまりにも遅すぎる家電文化の進み度合いに、やっぱあきれられるのかなあ。

あ、TV台はいずれ(お金が貯まったらw)置き換えます。あまりにも不釣り合いで小さすぎますよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒野修資

Author:黒野修資
黒野修資です。
ファミリーファイナンス リテラシーを向上させ、定年までに最低5000万円は貯めていきましょう!
出版に関するブログをはじめ、様々なエッセイを掲載しています。
ツイッター
→http://twitter.com
/kurono_shushi


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
検索フォーム
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
a:link { color : #f00; /*